PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2006年10月12日

今日はあの日からちょうど1年。
仁クンが休業すると知った日です。
泣きっぱなしで、真実もまだ知らなくて・・・
13日には会見が開かれた。
でも「待ってて」その一言がなかったせいで
翌日の新聞には「脱退」という見出しが躍った。
私は、いつ帰るか分からないから答えをはっきり言わなかったように聞こえたが
マスコミはこぞって「脱退」と報じた。
メディアの言葉を信じてしまったか、もう戻って来ないのだと心のどこかで思うようになった。
「赤西仁」という言葉が禁句のように扱われ、誰もその話題には触れなかった。
毎日ブルーで、空を見上げいろんな事を考えてた日々。
なぜあの時期に留学?! 真実は深い闇に葬られたままだけど
確かな事実はここにある。
ちゃんと約束通り、半年で戻ってきたという事。
ファンを裏切らなかった。
待っててよかった。 今、心からそう思える。
”泣いた分の笑顔が待ってる”
その通りだと思うよ。
1年前と今を比べると真逆。
今の幸せを忘れないでいよう。
仁クンが笑ってられるなら、それだけで私も幸せだから。
今日は久々にまた書こうw
痛い子ですけど、許して~~w

あの半年間、書き続けた仁クン宛の文章。
読んでもらえるはずもないけど、書いてしまう。
心の中だけに留めておくのにも限界があったからねw
あの半年間で分かったかな?
あなたを待ってる人がたくさん居た事。
今、笑顔でいてくれただけで私は幸せになれる事。
本当に”ありがとう”
そして、また必ず会いに行くから!
スポンサーサイト

| KAT-TUN | 23:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。